ただ適当に書きなぐるための場所

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小栗旬主演、貧乏男子
「なんだこれ。」

↑見た感想(笑)

小栗旬主演でも、もうドラマ見ないな。
八嶋さん目当てでなら見るかもしれないけど。

※以下、愚痴&ややネタばれ。

なんつーか、ドラマ見ててイラッとしました。
ナチュラルな旬くんの芝居は好きだけど、今回のドラマは……う~ん。

喜怒哀楽がね。
嘘っぽくて薄っぺらいです。
こーいう役、苦手なんだなぁ…って感じ。

クールな役の印象が強いから、それを払拭するほどの芝居が見られたら良かったのですが。

「花より男子」や「花ざかりの君たちへ」を見てた人は、やっぱりそっちの小栗旬の方が好きだろうな。

コナンの新一役とかね。

っつーか、貧乏男子は台本が鬱陶しいよな。
「友達」って何?
って感じ。

お金の繋がりがなきゃ友達になれないの?
お金でしか友達を作れないの?

そんな友情ならいらないよ。

倉庫に手伝いにきた時の仲間たちの心の中は「お金」ばっかだったのか。

主人公は、人間を駄目にするお金の使い方をしてる。
見てて本当にイライラする。
泣きたくなる。

私自身が主人公と同じ貢ぎ体質だって自覚してるからなおさら。

お金で人の心を買いたいわけじゃない。
私の事を「財布」だと思われたいんじゃない。

だからこそ、
主人公の「友達に嫌われたくないから」っていう保守的な理由でお金を貢ぐ行為が許せない。

同時に、「お金を貰うのが当たり前」と思って主人公の手伝いをする友達たちに対して嫌悪感が走った。

自分の力で立ってよ。
自分の力で歩いていって。

頑張って歩いてる時に、もし倒れそうになったら…
その時に手を差し伸べるのが、友達。

いま、イライラ通り越して何故か虚無感に襲われています。

結局… 私も主人公と同じ穴のムジナ…なのかもしれない。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 我思う故に我在り. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。